FC2ブログ
 ちょっとのんびりニュース見てみましょ。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








漁協6支所 2人の捜索打ち切り!?


最近のニュースは、この世の中どうなってるの?って
思うものが多すぎ!
もっといいニュースはないのか???
Yahooニュースの中でもやっぱりこういう記事は目立つね!



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000053-yom-soci

 海上自衛隊のイージス艦「あたご」と千葉県勝浦市の漁船「清徳丸」の衝突事故で、吉清治夫さん(58)、哲大さん(23)親子の捜索を続けてきた同市の新勝浦市漁協全7支所のうち、清徳丸が所属する川津支所を除く6支所が、捜索活動の打ち切りを決めた。

 同漁協では、悪天候の日を除き、計50隻余の漁船を捜索にあたらせてきたが、操業停止は家計を直撃し、市内の鮮魚店で魚が品薄になるなど地元にも影響が出始めていた。しかし、「二人のことを思うと、まだ漁をする気にならない」と話す漁師も多く、まさに苦渋の決断だ。

 西部支所所属の「観栄丸」船長の鈴木吉造さん(59)は操業再開に踏み切れない1人。漁師仲間の会議などで、冗談交じりに場を和ませながら、自分の意見をはっきり言う姿を見てきた。「治夫さんは愉快で真っすぐな人。思いやりのある漁師らしい漁師なんです。忘れて漁に出るなんて」と表情を曇らせる。

 これまで捜索に3回参加した同支所の船団長、高梨勝さん(59)は、週明けから南東約40キロの沖合でキンメダイ漁に入ることを決めた。「海面に目をこらし、手掛かりがないかどうか捜したい」と話し、吉清さん親子を気遣いながらの操業となる。

 川津支所の漁師仲間は当面、約20隻の漁船で捜索を続ける。吉清さん親子が行っていたはえ縄マグロ漁はいまが好漁期。1度の水揚げ高は多い日で200万~300万円になる。操業停止の負担は大きいが、治夫さんから漁の手ほどきを受けたという「基吉丸」船長の渡辺清志さん(51)は、「何が何でも捜し出したい」と話した。


[PR]
アクセスアップツール
ブログに100倍のアクセスを集める方法。

スポンサーサイト






2008⁄02⁄23 23:22 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


PR


リンク


友達申請フォーム


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2018 Yahooニュースこんな事。あんな事。. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。